よくあるご質問

ペットフードについて

ペットフードに関する一般的なご質問

総合栄養食とは何ですか?

ペットフード公正取引協議会の定めた、『ペットフードの表示に関する公正競争規約』において、ペットフードは、その目的により『総合栄養食』、『間食』、『療法食』、『その他の目的食』に分類されています。『総合栄養食』とは、毎日の主食として給与する事を目的とし、総合栄養食のペットフードと水のみで指定された成長段階における健康を維持できるような栄養的にバランスのとれた食事の事を指します。『総合栄養食』として表示するためには、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験、または給与試験の結果評価基準を満たしている必要があります。

療法食とは何ですか?

ペットフード公正取引協議会の定めた、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」において、ペットフードは、その目的により『総合栄養食』、『間食』、『療法食』、『その他の目的食』に分類されています。『療法食』とは、獣医師が犬・猫の治療などを行う際、人間の場合と同様、栄養学的サポートが必更な場合があります。治療の内容に合わせてフード中の栄養成分を調整し、治療を捕助する目的で捉供されるフードで、一般に犬・猫のフード(主食及び間食)として認識されることが明確であるものを『療法食』と呼びます。

療法食から切り替えて与えていいですか?(療法食と総合栄養食の違いは?)

弊社で販売しているドライフードは、全て『総合栄養食』で、『療法食』ではございません。『総合栄養食』とは、毎日の主食として給与する事を目的とし、指定された成長段階において、ペットフードと水を与えるだけで必要な栄要バランスを満たし、健康を保つことを目的としたフードを言います。一方で、獣医師が犬・描の治療などを行う際、人間の場合と同様、栄養学的サポートが必要な場合があります。治療の内容に合わせてフード中の栄養成分を調整し、治療を捕助する目的で提供されるフードで、一般に犬・猫のフード(主食及び間食)として認識されることが明確であるものを『療法食』と呼びます。従いまして、『療法食』から『総合栄養食』へは、獣医師の指示なく切り替えて与えないでください。

ドライフードの保存方法は?

直射日光が当たらず、湿気の多いところを避け、涼しい場所で保管をしてください。特に開封後は、パッケージを開封する事により空気に触れるので、時間とともに香りや食感が失われていきます。併せて、虫なども香りに誘引されますので開け口をシッカリ閉じ、密封できる容器などに入れ保管してください。日頃より1ヵ月以内に食べられるパッケージサイズをお買いもとめ頂くようにしてください。

ドライフードは開封後、どの位もちますか?

パッケージを開封する事により空気に触れるので、時間とともに香りや食感が失われていきます。開封後は開け口をシッカリ閉じ、密封できる容器などに入れ保管してください。おいしく食べていただける様に、日頃より1ヵ月程度で食べられるパッケージサイズを、お買い求めいただくようお願いします。

ドライフードは、開封後は冷蔵保存したほうがいいですか?

冷蔵庫で保存すると、出し入れする時の温度変化によりパッケージ内に結露などが発生し、カビやフードの変質などが発生する原因となりますので、冷蔵庫での保管はしないでください。

ウェットフードの保存方法は?

直射日光が当たらず、湿気の多いところを避け、涼しい場所で保管をしてください。特に開封後は、一度開けると酸化、腐敗するなど劣化が早いので、開缶、開封後はなるべく早く消費してください。使い残しがある場合は、開封後のフードは出しっぱなしにせず、密閉できる別の容器に移し換えて冷蔵庫で保管し、できるだけその日のうちに使い切ってください。日頃よリ1回で食べられるパッケージサイズを、お買い求めいただくようお願いします。

ウェットフードは開封後、どの位もちますか?

一度開けると酸化、腐敗するなど劣化が早いので、開缶、開封後はなるべく早く消費してください。使い残しがある場合は、開封後のフードは出しっぱなしにせず、密閉できる別の容器に移し換えて冷蔵庫で保管し、できるだけその日のうちに使い切ってください。日頃よリ1回で食べられるパッケージサイズを、お買い求めいただくようお願いします。

賞味期限が切れた商品を与えていいですか?

賞味期限とは、常温・未開封の状態で保存をした場合、美味しく食べて頂ける期限です。賞味期限を過ぎた商品の品質は保証できませんので、与えないでください。

ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の認証を取得(2006年7月)/本社・多治見工場