体型に悩みを持つ愛犬へ。太りすぎ、やせすぎに配慮し、年齢に合った理想体型を維持します。

愛犬の理想の体型をご存知ですか?
犬種や性別、体格によってもその理想体型は異なります。愛犬が健康に過ごすために重要なのは、愛犬の体を見て、触って、正しい理想の体型を知っておくこと。
そのための指針となるのが「ボディ・コンディション・スコア」。この基準を保ち、健康な生活を過ごせるような体型を維持するためのサポートフードが「ボディコンディション」です。

体型管理を総合的にサポート

愛犬の健康は理想体型の維持が大切です。やせ、肥満の体型によって、カロリーや脂肪分、繊維をコントロールした総合体型管理フードでケアします。

ボディ・コンディション・スコアに対応したフード

体重だけでなく、体格や体型を含めた見た目の状態と、実際に触れてわかる脂肪のつき具合から肥満度を評価するボディ・コンディション・スコアに対応したフードです。

年齢と体型に合わせたラインナップ

食の細い犬には充分栄養が摂れる高カロリー設計、肥満が気になる犬には低脂肪設計など、年齢と体型から細分化したバランスのよいラインナップです。

Topics

愛犬の体を見て、触って、自分で体型をチェック!

BCS(ボディ・コンディション・スコア)

ボディ・コンディション・スコアは愛犬の体型を5段階で評価する基準。体重だけでなく、体格や体型も含めた見た目の状態と、触れてみた皮下脂肪のつき具合を加えて犬の肥満度を判断します。

  • やせすぎBCS-1

    肋骨や腰の骨格がはっきりと浮き出て、触ると簡単に骨がわかる。上から見ると砂時計のような体型になっている。

  • やせ気味BCS-2

    肋骨が少し浮き出ていて、なでると骨がわかる。上から見ると腰にくびれがあり、横から見たウエストも細くなっている。

  • 理想体型BCS-3

    肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。上から見た腰のくびれはゆるやか。横から見たウエストがゆるやかに細くなている。

  • 太り気味BCS-4

    厚い皮下脂肪で覆われ見た目では肋骨がわからない。上から見ると、かろうじてくびれがあり、横から見たウエストは引き締まっていない。

  • 肥満BCS-5

    非常に厚い皮下脂肪で覆われ、見た目でも触っても肋骨がわからない。上から見て腰のくびれがなく寸胴。横からは腹が張り出し垂れ下がっている。

ボディ・コンディション・スコア(BCS)のチェックポイント

愛犬のBCSをチェックするポイントは、「肋骨(あばら)」と「腰(くびれ)」です。これらは「上」と「横」から目視することでもある程度チェックできますが、長毛種など、目で見ただけではわかりにくい場合もあります。そこで愛犬の体に実際に「触る」ことで、5段階の内どこに当てはまるかをより確実に調べます。

1 横からチェック

ウエスト部分を見て
腰のくびれ具合をチェックします。

長毛種の場合は…腹部の体毛を手で持ち上げ、なるべく体の線が出る状態でウエストをチェックします。

2	上からチェック

ウエスト部分を見て
腰のくびれ具合をチェックします。

3 肋骨チェック

肋骨(あばら)に触れてみて、
どの位浮き出ているか調べます。

長毛種の場合は…体毛の下に手を入れ、なるべく地肌に近い状態で肋骨に触ってチェックします。

4 ウエストのチェック

ウエスト部分を触って、
腰のくびれ具合をチェックします。

5 腰骨のチェック

腰の骨に触れてみて、
どのくらい浮き出ているかを調べます。

さらに詳しく
体重アップサポート
体重キープサポート
満腹感ダイエット

このフードの対象 BCS: やせすぎBCS-1 やせ気味BCS-2

無理には食べさせられない。でも、やせ気味は心配。

人間と同じように、犬にも「食が細い子」、「食に執着のない子」がいます。
無理に食べさせることはできませんが、かといってやせ気味の状態は心配。
「体重アップサポート」は、そうしたお悩みをもつ愛犬のために作られたフードです。

負担をかけずに、いつもの量で体重アップを。

「体重アップサポート」は、良質なたんぱく質を十分に配合し、カロリーも通常より多めに設計。
食べる量は今までと同じでも、体重が増えやすく、丈夫なからだを作れるような栄養バランスになっています。

体重アップサポートの商品詳細はこちら

体重キープサポート 今の体型、健康を維持したい愛犬へ。

このフードの対象: BCS理想体型BCS-3

太りやすい体質と、上手につきあっていく。

ダイエットに成功して理想体型になっても、その体型を維持していくのは簡単ではありません。
もともと太りやすい体質であるなら、毎日のごはんにはいっそう気を使います。
「体重キープサポート」は、そんな愛犬の体型と健康を維持するために作られたフードです。

抑えめのカロリーで、将来的な肥満対策にも。

「体重キープサポート」は、毎日の食事を楽しみながらもしっかりと体型管理ができるように、カロリーを抑えめに設計されています。
いまの理想的な体型を維持することはもちろん、将来的な肥満対策のフードとしてもおすすめです。

体重キープサポートの商品詳細はこちら

満腹感ダイエット 食欲おう盛で、肥満気味の愛犬へ。

このフードの対象: BCS肥 満BCS-5 太り気味BCS-4

いっぱい食べる姿はかわいいけれど。

目を輝かせておねだりしたり、夢中でごはんを食べたり。
いっぱい食べる愛犬の姿はとても愛おしく感じます。
けれど、食べすぎて肥満になってしまっては健康が心配。
そんな食欲おう盛で肥満気味の愛犬のために、「満腹感ダイエット」があります。

少ない量でも満腹に。ストレスのないダイエットを。

「満腹感ダイエット」は、食事のボリューム感が増える低比重の粒を使ったり、食事の満足感を維持させる高繊維設計にしたりなど、様々な工夫がされています。
食事量を減らすストレスを感じさせない、無理のないダイエットをサポートします。

満腹感ダイエットの商品詳細はこちら

Line up

ドライ

理想の体型維持をサポートする体型別栄養バランスフード

  • 体重アップサポート/全ライフステージ用
  • 体重キープサポート/成犬用(1歳〜))
  • 体重キープサポート/老齢犬用(11歳〜))
  • 満腹感ダイエット/成犬用(1歳〜))
  • 満腹感ダイエット/老齢犬用(11歳〜))

Page Top