HIGH-PERFORMANCE 高機能のカギは臨床栄養学でした。


ペットの臨床栄養学とは、単に必要な栄養素を供給するという考え方から一歩進んで、愛猫の体調の変化に対しても適切な栄養的対応を行うことを目的とする学問分野です。メディ・プロは、ペットラインが約20年以上にわたり、大学等と共同で研究してきた最新の臨床栄養学の知見に基づき誕生した、高機能の健康維持フードです。
メディ・プロ<pHサポートプラス>は下部尿路と腎臓の健康維持に配慮したハイセレクトフードです。 メディ・プロ<pHサポートプラス>は、猫の臨床栄養学に基づいた高機能フード。下部尿路の健康維持に配慮し、アミノ酸やミネラルを調整することで、ライフステージ別に最適な尿pHとなるようコントロール。また、高齢猫・老齢猫に重要な腎臓の健康維持にも配慮しています。
pH POINT.1 愛猫の下部尿路の健康に配慮し、成長段階別に尿pHを適切に調整。  
Mg/Ca POINT.2 高齢猫の腎臓に配慮し、成分を調整。  
EPA DHA  POINT.3 室内飼いの愛猫の健康維持に配慮。  
 
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
 

腎臓の健康を維持するためには、リン、たんぱく質の含量を低減するなどの方法が好ましいとされています。メディ・プロ<pHサポートプラス>は、成長段階に合わせ、リン、たんぱく質の含量を低減し、腎臓の健康維持に配慮しています。

 
 

メディ・プロ<pHサポートプラス>は室内猫の健康維持にも配慮しています。繊維源を豊富に配合することで毛玉の嘔吐を削減、さらに健康を保ち、抵抗力の維持に有効な「LBSカルチャー」や、口腔内を健康的に維持する「グロビゲン」を配合し、愛猫をしっかりサポートします。

 
 
high-performance 高機能のカギは臨床栄養学でした。 ペットの臨床栄養学とは、単に必要な栄養素を供給するという考え方から一歩進んで、愛猫の体調の変化に対しても適切な栄養的対応を行うことを目的とする学問分野です。メディ・プロは、ペットラインが約20年以上にわたり、大学等と共同で研究してきた最新の臨床栄養学の知見に基づき誕生した、高機能の健康維持フードです。 メディ・プロ<pHサポートプラス>は下部尿路と腎臓の健康維持に配慮したハイセレクトフードです。メディ・プロ<pHサポートプラス>は、猫の臨床栄養学に基づいた高機能フード。下部尿路の健康維持に配慮し、アミノ酸やミネラルを調整することで、ライフステージ別に最適な尿pHとなるようコントロール。また、高齢猫・老齢猫に重要な腎臓の健康維持にも配慮しています。 pH POINT.1 愛猫の下部尿路の健康に配慮し、成長段階別に尿pHを適切に調整。  

猫は泌尿器に対する配慮が必要な動物で、下部尿路と腎臓に関する健康維持には特に配慮が必要です。
下部尿路の健康維持はとてもデリケートなケースが多く、ケアを継続する必要があります。なかでも尿石に関しては、マグネシウムを由来とする「ストルバイト結石」と、カルシウムを由来とする「シュウ酸カルシウム結石」が多いとされています。
メディ・プロ<pHサポートプラス>は、適切にミネラルのバランスを調整し、下部尿路の健康維持に配慮しています。

フードによって尿pHをコントロールする手法は、ペットラインが早くから着目してきた分野です。フード中のミネラルの陽イオン、陰イオンのバランスと、メチオニンやシスチンというアミノ酸の含量を調整することによって尿pHをコントロールして います。特別な添加物を使用する方法ではないので安心してお使いいただけます。
猫の尿石で代表的なストルバイト尿石は尿pHを6.4以下の弱酸性側でコントロールすることが推奨されています。しかし、尿pHが低すぎる栄養組成では、血液のpHまで影響を受けてしまうので、ストルバイトの管理という観点では尿pHは6.1~6.4ぐらいが適切とされています。

成長段階に合わせた最適な尿pH設計値、マグネシウムとカルシウム含有量
Mg/Ca POINT.2 高齢猫の腎臓に配慮し、成分を調整。  

腎臓の健康を維持するためには、リン、たんぱく質の含量を低減するなどの方法が好ましいとされています。メディ・プロ<pHサポートプラス>は、成長段階に合わせ、リン、たんぱく質の含量を低減し、腎臓の健康維持に配慮しています。

EPA DHA POINT.3 室内飼いの愛猫の健康維持に配慮。
 

メディ・プロ<pHサポートプラス>は室内猫の健康維持にも配慮しています。
繊維源を豊富に配合することで毛玉の嘔吐を削減、さらに健康を保ち、抵抗力の維持に有効な「LBSカルチャー」や、口腔内を健康的に維持する「グロビゲン」を配合し、愛猫をしっかりサポートします。