教えて猫ノートトップ > 子猫の飼い方 > 子猫に与える食事2〜食事の与え方〜

飼い方のこと飼い方のこと

子猫の飼い方

子猫に与える食事2〜食事の与え方〜

子猫に与える食事2〜食事の与え方〜

8/15

離乳後〜生後12ヶ月までの食事の与え方

生後8〜10週間ぐらいで、離乳させ、固形フードに切り替えるのが一般的です。生後4〜5ヶ月頃までは、一度にたくさんの食事をとることができないので、1日あたりの食事量を4〜5回くらいに分けて与えましょう。その後、だんだんと食事の回数を減らしていき、生後12ヶ月頃までには1日1〜2回に。できれば、朝・晩の2回がベストです。

成長によって食事量を調整してあげよう

基本として、パッケージに記載された給与量を目安に与えます。ただし子猫の成長はそれぞれなので、こまめに体形の変化や体重の増減をチェックし、食事量を調節してあげましょう。特に生後数ヶ月の間は成長も早いので、毎日、体重測定を行うことをおすすめします。この時、体重の増加が見られない場合は、どこかに異常があることも考えられますので、動物病院で診てもらうことをおすすめします。

成長によって食事量を調整してあげよう

缶詰フードの場合、食べ残したフードは15〜20分したら片付けましょう。放置しておくと風味が損なわれるだけでなく、衛生面においても好ましくありません。

食べ残しは放置しないこと

成長期に太らせると、体質的に太りやすくなるといわれています。よく食べるからといって、好きなだけ与えて肥満にならないよう注意が必要です。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル