教えて猫ノートトップ > ペットとお出かけ > ネコちゃんとお出かけするには

病気のこと病気のこと

ペットとお出かけ

ネコちゃんとお出かけするには

ネコちゃんとお出かけするには

2/3

外出しても大丈夫なネコちゃん?
まずはチェック!

旅行に出かける前に、キャリーバッグに入れて何度かネコちゃんと外出してみて、長時間のお出かけが可能なネコちゃんかどうかを確認しましょう。
キャリーバッグ=怖いところ(動物病院など)と思っているネコちゃんもいます。キャリーバッグに入ることを子ネコのうちから慣らしておくと、外出のストレスを減らすことができます。
車酔いしやすい体質なのかもチェックしておきましょう。どうしても酔ってしまうネコちゃんは、かかりつけの動物病院に相談し、酔い止めの薬を処方してもらったり、注射を打ってもらうと、ある程度は防げます。

1〜2日の旅行なら留守番でもOK!

ネコちゃんは自分のなわばりを何よりも大切にし、家につく動物です。飼い猫にとってのなわばりは「家」なので、住み慣れた家を離れることを好みません。特にお出かけしたことのないネコちゃんの場合、「留守番はかわいそう!」と思うのは飼い主の勝手な想像。慣れない場所で不安やストレスを感じることの方が、ネコちゃんにとってはよっぽどかわいそうなことなのです。食欲をなくしたり下痢をするなどの体調不良の原因にもなりかねません。1〜2日程度の旅行なら、一緒に連れて行くより留守番をさせるほうがベターです。 留守番をさせるなら、十分なドライフードと水、予備のトイレを用意しておきましょう。また長期の場合は、友人やペットシッターに頼み、自宅で世話をしてもらうのもよいでしょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル