教えて猫ノートトップ > ペットとお出かけ > お出かけするときの注意点は?

病気のこと病気のこと

ペットとお出かけ

お出かけするときの注意点は?

お出かけするときの注意点は?

3/3

外出に慣れていないネコちゃんを連れ出す時

キャリーバッグに入れるのはもちろん、念のためハーネスやリードをつけたり、キャリーバッグの前にインナーキャリーや洗濯ネットに入れるなどして、ネコちゃんが逃げないよう万全の対策が必要です。迷子札も必須。
お出かけしたことのない飼いネコちゃんの場合、素直にキャリーバッグに入るとは限りません。嫌な経験があるとキャリーバッグを見ただけで逃げてしまうネコちゃんもいます。普段からリードやキャリーバッグに慣れさせておくと、スムーズな外出が可能になります。
お出かけがストレスになってしまうネコちゃんの場合、キャリーバッグに入れただけでおしっこやうんちをもらしてしまうケースも。準備の際に、キャリーバッグの中におしっこシートや新聞紙を敷いておくのも一案。また、そのネコちゃんの匂いのついたタオルなどを入れて安心させてあげるとよいかもしれません。

ネコちゃんと車でお出かけする前の準備

ネコちゃんを乗せた時は急発進・急カーブ・急ブレーキは禁物。いつも以上に安全運転を心がけてください。 ネコちゃん連れの車での外出が決まったら、数日前から猫の体調を観察しておきましょう。また、キャリーバッグに慣らせるために、バッグの中で食事をとらせたりして慣らせましょう。 車に乗る前は基本的に食事を抜いておいた方が無難ですが、お腹がすくと車酔いするネコちゃんもいます。またキャリーバッグの中に空間があると神経質になるネコちゃんもいます。もしキャリーバッグの隅っこで丸く固まってしまうネコちゃんであれば、バスタオルなどを入れて、まわりにあまり広い空間を作らないようにしてあげましょう。

以下は、お出かけの際に必要な持ち物の一例です。

持ち物チェックリスト

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル