教えて猫ノートトップ > 猫のライフステージと食事 > フードの切り替えと年齢に応じた適切な食事量と回数

病気のことペットとお出かけ

猫のライフステージと食事

フードの切り替えと年齢に応じた適切な食事量と回数

猫のライフステージと食事

1/3

フードの切り替え時期

年齢に応じた適切な食事は、ネコちゃんの健康とハッピーライフに役立ちます。
・生後4週間は子猫専用ミルクを与えましょう。
・それ以降はドライフードやウエットフードをぬるま湯で柔らかくして食べやすくしてあげましょう。
・生後7ヶ月くらいから徐々にドライフードに切り替えましょう。
・生後1年くらいを目安に成猫用フードに切り替えましょう。
・7歳からは高齢になるため、低カロリーのものに。高齢以降も7歳〜9歳、10歳〜13歳、15歳以上というのを目安にフードの切り替えをしてあげるとよいでしょう。

年齢に応じた適切な食事量と回数

ネコちゃんに必要な栄養素と量を与えるには「総合栄養食」の表示があるキャットフードを与えましょう。表示された給与量に従って与えましょう。

<1日に必要な食事量と回数(目安)>

年齢 エネルギー 回数
2ヶ月 約200Kcal×体重Kg 3〜4回
4ヶ月 約130Kcal×体重Kg 3〜4回
6ヶ月 約100Kcal×体重Kg 3〜4回
1歳 約80Kcal×体重Kg 3〜4回
7歳以上 約60Kcal×体重Kg 1〜4回
活動的な猫 約85Kcal×体重Kg 2回
非活動的な猫 約70Kcal×体重Kg 1〜2回
妊娠中の猫 約100Kcal×体重Kg 3〜4回

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル