教えて猫ノートトップ > 猫のライフステージと食事 > 猫の年齢に応じたフードの与え方

病気のことペットとお出かけ

猫のライフステージと食事

猫の年齢に応じたフードの与え方

猫のライフステージと食事

3/3

幼猫の食事のポイント

<生後4週間未満の場合>
基本的には38度くらいの人肌に温めた子猫専用ミルクを子猫用の哺乳瓶に用意。子猫の頭を肘の上にのせ、頭を少し上向きにしてあげましょう。
赤ちゃんネコはデリケートなので、初めての方は獣医師に相談してみましょう。

<離乳〜1歳の幼猫>
離乳前のように急激な成長はしていないものの、健康のために欠かせない栄養素があります。栄養価の高い幼猫用のドライフード、もしくはウエットフードをぬるま湯で柔らかくして与えましょう。生後7ヶ月以降は徐々に固めのフードに切り替えていく時期です。歯の健康のためにもドライフードをおすすめします。

成猫の食事のポイント

生後1年くらいを目安に成猫用フードに切り替えます。
食事の回数は1日2回にしていきます。朝夕2回の決まった時間に適正な量の食事を与えましょう。腐敗による食中毒を防ぐため残っているフードは必ず捨てましょう。

高齢猫の食事のポイント

6〜7歳くらいから高齢期にさしかかります。皮膚の弾力がなくなるなどネコちゃんの体に徐々に老化のサインが現れ、体の機能が衰え運動量も減りますが、食欲はまだまだ旺盛です。若いネコちゃんと同じカロリーの食事を与えていると、肥満の原因になる可能性があります。低カロリー設計の高齢猫用フードをネコちゃんの体調に応じて、1日1〜4回に分けて与えあげましょう。

老猫の食事のポイント

10〜11歳くらいになると年齢を感じるようになります。特に運動量が少なくなる・食事量が少なくなるなど。しかし、元気に健康的であるためには、しっかりと食べる事が基本になります。この時期には、少量でもしっかりと栄養やカロリーが取れる老齢期用のフードを選んであげましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル