教えて犬ノートトップ > 犬の食事と腸内フローラについて > 腸内フローラケアのできるドッグフードって?

犬の食事と腸内フローラについて犬の食事と腸内フローラについて

犬の食事と腸内フローラについて

腸内フローラケアのできるドッグフードって?

5/5

腸内フローラケアのできるドッグフードってどんなもの?

ワンちゃんの腸内環境を維持するために、注目の「バイオジェニックス」や「プレバイオティクス」についてお話ししてきました。では、実際のドッグフードではどうなのでしょうか? 腸内フローラケアフードを選ぶ際のチェックポイントをまとめました。

【チェックポイント(1)】 総合栄養食であること

総合栄養食は、新鮮な水と一緒に与えるだけで、健康を維持することができるように設計されています。総合栄養食の基準を満たしたフードには、以下の表示がなされています。

「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」
または
「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」

また、総合栄養食の基準を満たすにはビタミンなどの栄養添加物が必要となるため、無添加フードと書かれたドッグフードが必ずしも良いというわけではありません。ワンちゃんに必要な栄養素がバランスよく含まれ、理想的なうんちの状態を維持できるフードや、毎日の健康を維持できるフードが品質の良いペットフードと言えるでしょう。

▼栄養添加物についてはこちら 

【チェックポイント(2)】 プレバイオティクス(オリゴ糖・食物繊維など)やバイオジェニックス(乳酸菌生産物・納豆菌生産物など)が含まれていること

プレバイオティクスとなるオリゴ糖や繊維分は腸内細菌のごはんになり、ワンちゃんの腸内フローラを整えるのに最適です。
前のページで記載した通り、グレインフリー(穀物不使用)と呼ばれるドッグフードがありますが、グレインフリーがワンちゃんの体に良いという論文や科学的なデータはありません。穀物には腸内フローラを整える繊維分やワンちゃんに必要な栄養成分も含まれており、体の健康を維持できると考えても良いでしょう。
バイオジェニックスは、摂取するとワンちゃんの腸内フローラの改善だけでなく、体全体に効果があると言われています。

【チェックポイント(3)】 愛犬の年齢別にラインアップされたドッグフードを選ぶこと

ワンちゃんの腸内フローラや健康を保つために必要な栄養成分は年齢で変わっていくので、子犬用(離乳〜1歳)や成犬用(1〜6歳)、高齢犬用(7〜10歳)、老齢犬(11歳以上)などの年齢別に配慮されたフードを与えると良いでしょう。

そのうえで、毎日の生活を規則正しく、快適で安心な生活環境を用意してあげることで、ワンちゃんはよりいっそう健康的で楽しい日々を送ることができます。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル