教えて犬ノートトップ > 犬のお手入れ(グルーミング・トリミング) > 家庭で上手にできるトリミングのコツ

健康管理のこと犬のお手入れ(グルーミング・トリミング)

犬のお手入れ(グルーミング・トリミング)

家庭で上手にできるトリミングのコツ

手順をチェックだワン

10/10

トリミングのおすすめポイント

トリミングサロンのように完璧にはできませんが、伸び気味の被毛をカットして整えてあげることは飼い主さんでもできます。以下の手順で、できるところまで試してみましょう。
用意するのは、ワンちゃん用のカットハサミと梳きバサミ、ブラシ、バリカンです。
カットする前に、まずは絡まっている毛や抜け毛をブラシで取り除きます。次にシャンプーをして被毛の汚れを取り、ドライヤーで毛を乾かし、ワンちゃんの体調や機嫌がよさそうならムダ毛のカットに入ります。

カットする手順

1.まずは足裏のムダ毛をカットします。肉球からはみ出ている毛をバリカンでカットしていきます。肉球が見える程度にカットできればOK。

2.次はお尻周りのムダ毛。しっぽを持ち上げ、バリカンを軽く当てて肛門にかかる毛をカットします。この時、バリカンの刃を肛門に向けないようにします。肛門の中心を越えた向こう側をカットするようにしましょう。

3.続いて顔周りのカットです。嫌がるワンちゃんが多いようなので、慎重に行ってください。音に敏感なワンちゃんにはバリカンを使わずに、ハサミでカットします。ハサミの先端部をいつもワンちゃんの顔の中心部よりも外側にしておけば、不意の動きで起こる事故を防げます。ハサミを寝かせながらカットしていきます。

4.胴体部分をカットします。バリカンを当てる際は、強く押し当てないように。やや浮かすようにして、被毛の流れに沿って刈っていきます。それを終えたら、最後にハサミで整えます。

ワンちゃんが慣れない最初は、足さきやお尻周りだけにするなど、短時間でトリミングしてあげるようにします。慣れてくるとスムーズにカットできて、短時間で終えることができます。また、ワンちゃんも慣れてきて、より長い時間でも我慢することが可能になります。
おやつを与えるなど、機嫌を取りながらカットするのもいいでしょう。

必要なトリミングを適度に行ってあげると、ワンちゃんは健やかできれいな姿でいることができます。健康のためにも、トリミングを忘れずに行ってあげてくださいね。

文:山口登(エム・プラス)

イラスト:影山直美

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル