お口の健康ケア

3歳以上の猫の、約8割が
歯周病と言われています。

飼い猫も長生きする時代になり、現在では3歳を過ぎた猫の8割以上に歯周病の心配があるといわれます。
歯周病はたんに歯の問題ではなく、猫の健康全体に害を及ぼす可能性のある病気です。
※Harvey,C,E,(2015):Management of perlodontal disease:Understanding the options.

お口の健康ケア

お口

歯周病の予防

Feature

「グロビゲン」でお口をケアしよう。

毎日歯磨きをすることができれば理想ですが、実際にはなかなか簡単ではありません。
「グロビゲン」という成分をフードを通して摂取することで、お口の健康維持をサポートできます。

鶏卵由来の抗体、「グロビゲン」

  • 歯周病菌の酵素をニワトリに移植
    歯周病菌の酵素を
    ニワトリに移植

    ニワトリは体内で歯周病菌

    酵素に対する抗体を
    作る。

  • ニワトリの体内で作られた抗体が卵に移る。

    ニワトリの体内で
    作られた抗体が卵に移る。

  • 卵黄を粉末化し「グロビゲン」が完成

    卵黄を粉末化し
    「グロビゲン」が完成

  • 「グロビゲン」が歯周病菌の酵素にくっつき無毒化

    「グロビゲン」が歯周病菌

    酵素にくっつき無毒化

グロビゲンの歯周病改善事例

試験開始時 試験開始時 歯垢スコア35
試験開始8週間後 試験開始8週間後 歯垢スコア11

グロビゲンの摂取で、歯周病が改善傾向に。

歯周病の猫にグロビゲンを摂取させて様子を見た結果、約8週間後には歯垢スコアが35から11に。歯周病の改善に効果が期待できることがわかりました。

※グロビゲンPGの歯周病改善事例
月刊CAP2016年5月号より

Scroll