- Column -

犬ノート

Dog Note

トリミングの目的と頻度(8/10)

pht_08.gif

トリミングの目的とは

ワンちゃんにトリミングをするのは、見た目を可愛く素敵にすることだけではありません。
ほかにもワンちゃんの生活を快適にするための目的があります。特にシングルコートのワンちゃんは、そのままにしておくとヘアが伸び続けてしまいます。すると伸びたヘアが視界を妨げたり、足元を滑らせたり、口元に食べかす、お尻まわりに便、尿が付着したり、ヘアが絡んで転倒するなどなど、ケガを負いやすく、不衛生になってしまいます。さらに放置すると、絡んだヘアで身動きができなくなってしまうワンちゃんもいます。
こうした事態を防ぐために、定期的にワンちゃんのヘアをカットし、季節に合ったスタイルに仕上げるのもトリミングです。

どんな間隔でトリミングするといい?

成犬の場合、ヘアの伸び加減を考慮して、月に1回を目安にトリミングをしてあげたいもの。3か月以上経過すると毛玉が広範囲に広がって刈り取ることになり、希望したスタイルに仕上がりづらくなってしまいます。
子犬は生後4ヶ月くらい、ワクチン接種を済ませた1週間後くらいからトリミングを行うことができます。老犬は体にかかる負担が重くなってしまうので、それよりも頻度を少なくトリミングしてあげるといいでしょう。
なお、目元や口元、足先やお尻周りのヘアのカットは、シングルコートのワンちゃんだけでなく、すべてのワンちゃんにとって気持ちよく生きていくために行いたいこと。場合によっては、飼い主さん自らハサミやバリカンを手に、こうしたトリミングを行ってあげるのもいいでしょう。

文:山口登(エム・プラス)

イラスト:影山直美

あわせて読みたい記事