Medyfas ADVANCE 2種の尿石ケア

2種の尿石ケア商品写真
猫の尿石検定 2022年5月公開予定

2種の尿石ケアをWでケア

猫の尿石って?

『猫のおしっこが濃い理由』

猫の祖先は砂漠に住むヤマネコと言われています。
乾燥した環境でも、生きていけるように
尿を濃縮させる能力が発達しました。

そのため、
猫のおしっこは、濃縮された濃いおしっこ
となる傾向があるのです。

『おしっこが濃いと・・・』

おしっこの中に結晶や尿石ができやすくなり
尿道につまったり、膀胱を傷つけたりすることで
猫ちゃんに悪影響をもたらす可能性があります。

このような尿石に代表される
おしっこにまつわる疾患を「下部尿路疾患」といいます。

商品特徴2種の尿石ケアって?

これまでの『下部尿路の健康維持』から1歩前へ

猫の尿石で大半を占める2種の尿石を同時ケア!

シュウ酸カルシウム結石とストルバイト結石をWケア!

2種の尿石ケア商品写真
  1. Point 12種の尿石への
    同時ケアを実現!

    • 尿量確保の設計

      尿結石全般に配慮

      たんぱく質など栄養成分の調整により、
      血管内の浸透圧を上げるようにしています。
      そのことで猫はたくさんの水を飲むようになります。
      結果、尿が濃くなり過ぎないようにしています。

      尿量を増やし濃くなる前に排出
      させることが、尿結石ケアの対応の一つです。

    • RSS管理

      シュウ酸カルシウム
      結石に配慮

      RSS(相対過飽和度)は、ここでは
      猫の尿の中にどの程度のミネラルが含まれ
      尿石ができやすいか⇔できにくさの目安
      示しています。

      RSSが高いと…

      尿内でミネラルなどの成分が結晶化して、尿石ができやすくなってしまいます。
      「シュウ酸カルシウム結石」へのケアはこのRSS管理が重要です。

      技術力のペットライン!

      メディファスはミネラルなどの栄養バランスを調整することでRSSが高くならないような管理を実現しています。

    • 尿pHコントロール設計

      ストルバイト結石に配慮

      尿石ができやすい環境を避けるべく
      ミネラルやアミノ酸を調整し、尿を弱酸性化。
      pH6.2~6.5に設計をしています。

      pHグラフ
    • マグネシウム含有量調整

      ストルバイト結石に配慮

      ストルバイト結石の由来であるミネラル
      「マグネシウム」を低減。
      適正なマグネシウム含有量に調整しています。

      ※標準値0.08%は「1歳から」の場合。「子ねこ~10歳 避妊・去勢後のケア」の場合は0.09%。

  2. Point 2尿石以外の
    健康維持の充実!

    • 穏やかな健康生活の
      サポートに
      トリプトファンを配合
    • 愛猫の健康維持にウラジロガシを配合
    • β-グルカン・ビタミン配合で
      健康を維持し免疫を保つ
  3. Point 3おいしく
    健康ケアを実現!

    おいしさへのこだわり

    厳選された素材でできた粒の上からさらに天然のうまみ成分をコーティングし、豊かなおいしさを実現。

    一貫した国内生産

    岐阜県多治見市の国内工場で、一貫した品質管理のもと生産されています。

ラインナップ

  • 2種の尿石を同時ケア 子ネコ〜10歳まで チキン&フィッシュ味
  • 2種の尿石を同時ケア 1歳から チキン&フィッシュ味
  • 2種の尿石を同時ケア 1歳から フィッシュ味