教えて猫ノートトップ > 猫のおしっこの病気 > F.L.U.T.D.(下部尿路疾患)にならないために、食事以外で気をつけたいこと

猫のおしっこの病気猫のおしっこの病気

猫のおしっこの病気

F.L.U.T.D.(下部尿路疾患)にならないために、
食事以外で気をつけたいこと

猫のおしっこの病気

11/11

環境や規則正しい生活、ストレスなどの配慮も忘れずに

多くの猫ちゃんが悩んでいるF.L.U.T.D.は、食事だけではなく生活習慣も大きく関係しています。
規則正しい食事と新鮮で十分な水はもちろんですが、適度な運動、清潔な環境などを維持してあげることが大切です。不適切な食事を与えたり、飲み水やトイレが汚れていたりすると、猫ちゃんが水を飲むのをためらったり、トイレに行くのをためらったりして、F.L.U.T.D.のリスクが高まる可能性があるので注意してあげましょう。

冬に症状がでやすいのもF.L.U.T.D.の特徴です。その理由として、寒さから冷たい水をさけるため夏場に比べて水分摂取量が減りがちになることや、運動不足でエネルギー消費が減り、尿が濃縮されやすいなどが原因です。
また、F.L.U.T.D.は治っても再発を繰り返すことが多いのも特徴。治った後も、再発しないためのフード選びや毎日の健康管理が重要になります。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル