教えて猫ノートトップ > 猫のおしっこの病気 > 食事の与え方でできるF.L.U.T.D.対策(1)

猫のおしっこの病気猫のおしっこの病気

猫のおしっこの病気

食事の与え方でできるF.L.U.T.D.対策(1)

猫のおしっこの病気

9/11

食事の質と量が問題!1日の食事を2回以上に分けて尿pHをコントロール

食事をすると猫ちゃんの尿pHが変わるのをご存知ですか?
食事をすると、消化するために胃で胃酸が分泌されますが、胃酸が分泌されると尿に出される酸が減ります。そして尿中の酸が減ると、尿pHはアルカリ性に傾きます。(酸塩基平衡)
胃酸は食べ物を食べた時に分泌量が増えて、たくさん食べるほど多く分泌されます。食事の量が多くなると、尿pHへの影響も大きくなるのです。
ですから、一度にたくさんのフードを猫ちゃんに食べさせるのではなく、少しずつ分けて与えるのがよいのです。1日2回以上に分けて与えることで十分尿pHの急激な変動に配慮できることがわかっています。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル