教えて猫ノートトップ > 猫のおしっこの病気 > ドライタイプとウェットタイプ、併用のすすめ

猫のおしっこの病気猫のおしっこの病気

猫のおしっこの病気

ドライタイプとウェットタイプ、
併用のすすめ

猫のおしっこの病気

8/11

ドライタイプとウェットタイプを併用して、水分補給

キャットフードは水分を含む量で、ドライタイプとウェットタイプの2種類に分かれます。ウェットタイプには約80%〜90%の水分が含まれますが、ドライタイプに含まれる水分は10%以下です。したがってドライタイプを主食にしている場合は、いつでも水分をとりやすくして尿結石など(F.L.U.T.D.)のリスクを軽減しましょう。
水分を多くとらせたい時は、ドライタイプとウェットタイプにはそれぞれメリットがあるので、2種類を併用することをおすすめします。

ウェットタイプには、<水分をたっぷり含んでいる>、<ドライフードに比べて低カロリー>といったメリットがあります。またドライタイプには、<歯とアゴの発達に役立つ>、<開封後もウェットタイプに比べ傷みにくい>といったメリットがあります。 いつでも飲めるお水を用意しておいてあげるのはもちろんのことですが、ドライタイプを主食にしている場合はウェットタイプも併用して、食事から水分補給ができるようにしてあげるとより良いでしょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル