教えて犬ノートトップ > 犬のお風呂 > 犬のお風呂の頻度や注意点は?

生活・遊び犬のお風呂

犬のお風呂

犬のお風呂の頻度や注意点は?

ほかほかお風呂だワン♪

3/3

お風呂の頻度や注意点

シャンプー洗いをする頻度は、屋内犬では月に1回、屋外犬では季節にもよりますが月に2回が目安とされます。これは別に決まりではなく、一緒に暮らす飼い主さんがワンちゃんの発する臭いを取り除くために行っている平均ペースと思ってください。
ワンちゃんの皮膚は、人の皮膚の20〜30%ほどの厚さしかなく、非常にデリケートです。ひんぱんにシャンプーし過ぎると、毛の脂分まで落としてしまい、汚れや病気の原因になってしまいます。また、ワンちゃんにとって刺激の強い人用のシャンプーを使用すると、皮膚が荒れてしまいます。
こうしたシャンプー洗いとは別に、お湯につからせる『入浴』をするのもいいかもしれません。バスタブに37〜38度Cのお湯を溜め、首まで漬からせるのです。風呂あがりのドライヤーはシャンプー洗いの後と同じで、犬種によっては大変な作業ですが、体の表面に付いた汚れを洗い流せます。お風呂に入るだけであれば、毎日入れてあげても大丈夫です。
なお、人がちょうど良く感じるお湯は、ワンちゃんには熱湯です。季節にもよりますが、子犬は35度Cくらい、成犬でも30度Cくらいのぬるま湯がいいという方もいます。
どれくらいの頻度でお風呂に入れてあげるかとともに、どの温度が快適なのか、ワンちゃんのようすを見て調節してあげましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル