教えて犬ノートトップ > 犬の寒さ対策 > いつもの場所を工夫して温かく!

健康管理のこと犬の寒さ対策

犬の寒さ対策

いつもの場所を工夫して温かく!

快適な部屋だワン♪

2/3

暖かくするポイントと室温を保つ工夫をいくつか紹介

いつもの場所でどう寒さ対策するといいのでしょうか。まずは、室内飼育のワンちゃん用の暖房器具。その使用上のメリットと注意点を考えてみましょう。

・エアコン

設定温度を20〜25度Cにして稼働します。20度Cというのは、人には、ちょっと冷えると感じるくらいの室温です。乾燥防止と換気を考えて窓を少し開けるのが理想的ですが、夜間や留守番時の防犯を考えるとなかなかそうできないところが問題です。乾燥防止には、加湿器や濡らしたタオルをかけておくなども同時に行い、ワンちゃんの飲み水を切らさないようにします。電気の消費量も問題ですね。

・ストーブやホットカーペット

燃焼や加熱など直接的な効果をもたらす器具なので、不在時に使用することはお勧めしにくい暖房です。暑くなりすぎた時に逃れるスペースが必要で、これがないと、熱中症(!)にかかるおそれもあります。

・オイルヒーター

電気を熱源にし、室内を一定温度に保つオイルヒーターは、人気の高い暖房器具です。じんわりと空気を温めてくれるのですが、電気の消費量が難点。ストーブ等と同様に、乾燥対策が必要です。
なお、室外に設置されたハウスで過ごすワンちゃんは、冬用の場所へ移動してあげましょう。日当りがよく、風が吹き抜けない場所が理想的です。

ペット用ヒーターや湯たんぽ 狭い面積のホットカーペットや湯たんぽは、ワンちゃんの体を温めるのにコストもあまりかからず、効率のいい暖房具です。ただ、ペット用ヒーターを使用する際には、電気コードをかじって感電しないよう注意を。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ