教えて犬ノートトップ > ペットのための災害対策 > 災害が起きたら、できる限り同行避難。絶対逃がさない!離さない!

ペットのための災害対策ペットのための災害対策

ペットのための災害対策

災害が起きたら、できる限り同行避難。
絶対逃がさない!離さない!

ペットのための災害対策

2/10

同行避難とは動物と一緒に安全な場所へ避難することです。もし災害が起きてしまったときは、できるだけペットと同行避難するようにしましょう。

大災害でなくても避難指示が出されることがあります。そんなときでも、すぐに避難解除されるだろうとペットを家に残しておくのは避けましょう。避難指示がなかなかとかれずに、長期間、自宅に戻れなくなった場合ワンちゃんやネコちゃんが行方不明になったり、飢え死にしてしまったりという悲しい事態となる可能性も。

また残してきたペットを救出しようと飼い主が危険地域に入り、二次災害に巻き込まれてしまうというケースもありますので避難の際はワンちゃんやネコちゃんとともに行動するよう心がけましょう。

また、災害時は人もペットもパニック状態になっています。避難時に飼い主が焦っているとワンちゃんやネコちゃんも興奮してしまい、逃げだしたりする危険性も高くなります。
中・大型犬の場合はきちんとリードをつけ、小型犬やネコちゃんはキャリーバッグなどに入れ、しっかり蓋をしてから連れ出すようにしましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル