教えて猫ノートトップ > 猫のおやつについて > おやつにはどんな種類があるの?

食事のこと食事のこと

猫のおやつについて

おやつにはどんな種類があるの?

そっと見守ってほしいにゃ♪

2/2

愛猫に合ったおやつを選びましょう

最近ではおやつの種類は数えきれないほどたくさんあります。
いろんな形状や味つけの他に、健康に配慮したカロリーの低いタイプや、歯が弱い猫ちゃんにも食べやすいタイプなど様々です。与えやすさや、健康状態を考えたおやつを選ぶのも良いでしょう。
また、おやつだからといって、間食(おやつ)と書かれたキャットフードを与えなければいけないわけではありません。栄養バランスに配慮し、総合栄養食をおやつとして与えたり、一般食や副食を水分補給に与えることもおすすめです。

主なおやつの種類

ドライタイプ

ドライフードの粒形状のタイプ、クッキータイプなどがあります。お皿が不要で手から与えやすいのが特徴です。

ウェットタイプ

ウェットタイプの種類や形状はさまざまあります。水分補給になるため、下部尿路の健康維持にも最適です。また、シニア猫ちゃんなど歯が弱い猫ちゃんにも与えやすいのが特徴です。お皿に出さず、手からそのまま与えられるウェットタイプもあります。

※ウェットタイプのように水分含有量が多いと、カビや細菌などの発生を抑制する保存料(ソルビン酸など)を使用していると思われる方もいるかもしれませんが、実際は密封の状態のため、保存料を使用していないことがほとんどです。

ウェットタイプの主な種類

素材そのままタイプ

素材タイプは、煮干しやフリーズドライの鶏ささみなどが該当します。煮干しは多くの猫ちゃんが喜びますが、塩分やミネラル分が多く含まれるため、与えすぎには注意しましょう。

補足:ミネラルを過剰に摂りすぎると尿石症のリスクが高まりますが、だからといってミネラル分を制限するべきというわけではありません。健康を維持するためにはミネラル分が必要不可欠です。毎日の健康を維持するために総合栄養食と記載があるキャットフードをメインに与えましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル