- Column -

猫ノート

Cat Note

猫は寒さに弱い?猫のために冬の室温・温度を保つ工夫

画像7.gif一般的に猫ちゃんは寒がりだと言われていますが、室温が何度くらいになったら寒いと感じるのでしょうか。猫ちゃんにとっての適温とは何度くらいなのか、そして冬も心地良く過ごしてもらうための工夫をご紹介します。

比較的寒さに強い猫も

現代の家猫の直接の先祖と言われているのが、北アフリカ出身のリビア猫。そのため寒さに弱いのは当然かもしれませんが、すべての猫ちゃんが“極端な寒がり”というわけではありません。
運動量の多い猫ちゃんや筋肉体質の猫ちゃんは、比較的寒さに強いようです。逆に運動量の少ない猫ちゃん、痩せている猫ちゃん、子猫やシニアの猫ちゃんは寒さに敏感な傾向があります。
また、長毛種は寒さに強いと言われています。例えば、ロシア原産のサイベリアン・フォレスト・キャットはふわふわの毛が体の熱を逃さないようにしているため、寒さに強いようです。
生活環境によっても寒さへの耐性は異なります。完全に室内で飼育されている猫ちゃんは、寒さに弱くなることが多いとされています。

快適な室温と寒がっている時のサイン

猫ちゃんの年齢や体型、生活環境によって異なりますが、猫ちゃんが快適に過ごせる理想の温度は18~28℃位と言われており、それ以下になると寒いと感じることが多いようです。もちろん猫ちゃんの年齢や体型、生活環境などにより異なるので、愛猫がどれ位の温度が好みかを観察して把握しておきましょう。
寒いと感じている時のサインには、以下のようなものがあります。普段の様子と照らし合わせて判断してください。
・毛を逆立てて体を膨らませている
・体をブルブル震わせている
・体を丸めている
・水を飲まなくなる
・毛布などから離れない

室温と同時に湿度にも気をつける

エアコンやストーブで部屋を暖かくすると、室内の空気が乾燥します。空気が乾燥するとウイルスや細菌が増加し、またそれらが空気中に長く滞在することにつながってしまいます。
猫ちゃんとご飼い主さんの健康管理のためにも、湿度は45~60% 程度が理想です。暖房時には加湿機を利用したり、定期的に窓を開けて換気したり、濡らしたタオルや洗濯物を部屋に干したりすることをおすすめします。

冬に猫ちゃんがすごしやすい居場所づくり

日光浴のできる寝床を用意する

猫ちゃんは日光浴が大好きなので、特に冬場は日の当たる場所にベッドなどを置いてあげましょう。午前と午後で日の当たる場所が変わるので、複数の寝床を用意してあげるとベストです。注意したいのが、寝床を置く場所です。窓際や外に接している壁、床などに寝床を直接置くと、隙間風や冷気などが伝わりやすく、猫ちゃんの体が冷えてしまう心配があります。中でも床は意外に冷たいので、少し高い位置に置いてあげると良いでしょう。

画像8.gif

温度差に注意する

日中に暖房で暖かくしている部屋は、夜寝る前に暖房を消してしまうと昼夜の温度差が10℃を超えてしまう事があります。健康管理のためにも、なるべく温度差を小さくする工夫が必要です。夜に暖房を消す時は、屋根付きの寝床を用意することをおすすめします。冷気を塞いでくれるので、それだけでも暖かくなります。さらに、フリースや毛布などの暖かい素材のものを寝床に入れてあげましょう。寒さが厳しい時は、湯たんぽやペット用のホットカーペットを利用するのもいいですね。

愛しい猫ちゃんには美味しさと健康維持の両立を

家族の一員である猫ちゃんとは長く一緒に暮らしたいもの。そこでおすすめなのが「メディファスアドバンス グレインフリー 1歳から フィッシュ味」です。 グレインフリー(穀類不使用)設計で、両立が難しいとされる「下部尿路の健康維持」にも配慮し、猫ちゃんの毎日の健康をサポートします。「しあわせマルシェ」なら通常サイズでお試しできます。
※この商品は猫ちゃんの健康維持を目的とした総合栄養食です。治療を目的とした療法食ではございません。

画像4.png

メディファスアドバンス グレインフリー 1歳から フィッシュ味

送料無料で試してみる

SNS公式アカウント