- Column -

猫ノート

Cat Note

猫ちゃんのために室温・湿度を保つ工夫

室温を保つ工夫をいくつか紹介

寒さが募る冬場は、室温の維持と同等に湿度の調整も大事な季節です。エアコンやストーブで室温を保つとき、室内の空気が乾燥します。猫ちゃんも人間と同じように、空気が乾燥すると呼吸器の粘膜がダメージを受けてしまい、ウイルスに感染しやすくなると言われています。ウイルスは乾燥していると空気中に浮遊していますが、湿気が多くなることで水蒸気とくっついて床に落ちます。そして時間の経過とともに壊れていきます。ですから人も猫も適度な湿度を保つことがインフルエンザウイルス予防になるのです。
猫ちゃんの、そしてご自身や家族の健康管理のためにも、暖房をつけたら加湿器をつけたり、定期的に窓を開けて換気したり、濡らしたタオルや洗濯物を部屋に干すなどして、湿度を50~60%に保ちましょう。

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント