- Column -

猫ノート

Cat Note

夏バテ(熱中症)の解消法はありますか?(4/4)

こんな症状が出ていたら、要注意!

ネコちゃんは発汗作用による体温調節ができません。ですから蒸し暑い日は日陰で風通しのよい場所を探して寝転がったり、体をなめたりして、体温調節を行っています。
夏の暑い日にハーハーと息づかいが荒く、いつもより体温が高くなっていたら、熱中症の疑いがあります。舌を出し、口からよだれや泡を出していたらとても危険な状態です。
もし、そんな症状を見せていたら、すぐに濡れタオルで全身を包んだり、霧吹きで水を吹いたりして、体温を下げてあげましょう。よだれや泡を出しているようなら、キレイにふきとり、呼吸を楽にしてあげてから、大至急、獣医さんに診てもらいましょう。
体温が上がったままにしておくとショック状態で死んでしまう危険があります。

ネコちゃんは急激な温度上昇に弱い!

ネコちゃんは汗腺が人間にくらべるととても少なく、発汗によって体温を調節することができません。そのため体温が急激に上昇すると、それを下げることが難しいのです。
通常、ネコちゃんの体温は38~39度前後(子猫はそれより少し高く、老猫は少し低いそうです)といわれています。長時間の間、体温が41度を超え続けると、命を落としてしまうことにもなりかねません。限界体温まで2~3度しかないので気をつけてあげましょう。

<絶対にしてはいけないこと>
暑い日に密閉された部屋や車の中に放置しないこと。とくに窓を閉めた車の中では想像以上に急速に温度が上昇。外気温が25度程度でも、車の中は短時間に40度以上になってしまいます。

食事&水分補給で夏バテ(熱中症)対策

夏は、とくに水分補給が必要です。暑さのせいで食欲が無い場合は、気をつけてあげましょう。

あわせて読みたい記事