教えて猫ノートトップ > 猫の老化と介護 > 老化のサイン、見逃さないで!

病気のこと猫の老化と介護

猫の老化と介護

老化のサイン、見逃さないで!

猫の老化と介護

2/4

寝ている時間が増えたら要注意!

飼い主さんが最初に気づく猫ちゃんの老化のサインは、「あまり動かなくなって寝ている時間が長くなること」が多いようです。帰るといつも出迎えてくれていたのに出迎えてくれなくなったり、朝起きてこなかったり、なんとなく行動が鈍くなったりしたら、それは猫ちゃんの老化のサインかもしれません。

猫ちゃんの老化は外観にも表れてきます。例えば、筋肉のハリがなくなり全体的に皮膚が下がったり、被毛の艶がなくなってパサついたり、グルーミング(毛づくろい)もあまりしなくなって若いときに比べて体が汚れがちになります。また、食べ物の好みが変わったり、夜中に理由もなく大きな声で鳴いたり、トイレ以外の場所でおしっこやうんちなどの粗相をしてしまうことも。

老化が進むと、心臓、腎臓などの重要な臓器が衰えはじめ、さまざまな病気を発症しやすくなるので、次のページを参考に、老化のサインを見落とさないよう注意をはらってあげることが大切です。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル