教えて犬ノートトップ > > 熱中症になりやすい犬種って?

犬の暑さ対策犬の暑さ対策

犬の暑さ対策

熱中症になりやすい犬種って?

ペットとお出かけ

7/8

犬種などにより、熱中症のなりやすさはあるのでしょうか?
次の4タイプのワンちゃんは、暑さに弱い傾向があるといわれています。
暑い日は、愛犬の行動などを観察し、いっそう注意してあげてください。

1:短頭で、鼻の距離が短い体型の犬種

パグ、ボストンテリア、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなど、短頭種のワンちゃんは、スムーズな呼吸がしづらく、熱中症になりやすい傾向があります。

2:北方原産または厚い被毛に覆われている犬種

シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、グレートピレニーズ、シェットランド・シープドッグなど、北方原産や厚い被毛を持つワンちゃん。

3:肥満気味のワンちゃん

皮下脂肪が断熱材となって熱がこもりやすく、かつ心臓にも負担がかかり気味です。首まわりの脂肪が気管を圧迫し、呼吸機能が低下して体温調節が難しくなるため、熱中症になりやすい傾向があります。

4:子犬や老犬、病気をもつワンちゃん

体の生理機能が未発達な子犬や、生理機能が衰えている老犬は、体温調節がうまくできないために熱中症にかかりやすい傾向があります。また、心臓や呼吸器が弱いワンちゃんは循環機能や呼吸機能がうまくできないため、熱中症になりやすい傾向があります。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル