- Column -

猫ノート

Cat Note

猫の避妊(不妊)・去勢手術のメリット・デメリットは?(3/5)

猫の避妊(不妊)・去勢手術のメリットは?

メスが避妊手術をするメリットは発情期の鳴き声の防止、むやみに子を生まない、性的な欲求不満からくるストレスから解放されると言われています。また、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍など生殖器の病気も予防することができます。

オスが去勢手術をするメリットはむやみに子を作らせない、マーキング行為の減少などがあげられます。また、オスはメスを求めて放浪することがなくなるので、ケンカが減り、ケガや感染症の危険が減ります。

避妊(不妊)・去勢手術のデメリットは?

オス、メスともに全身麻酔で行うため、どうしても麻酔のリスクは避けられません。
また、ホルモンバランスや代謝の変化により、避妊去勢手術後には太りやすくなるため、食事量の管理をしてあげることが大切です。

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント