- Column -

犬ノート

Dog Note

ワンちゃんが肥満になる原因は?

img02.jpeg

肥満は、食事で摂取するカロリーが、普段の生活・運動で消費するカロリーを上回ることで起こります。ワンちゃんの場合、飼い主さんに与えられたものを食べるというのが食事の基本ですから、愛犬の肥満は飼い主さんの間違った健康管理が原因と考えられます。

1歳までの成長期においては、肥満が生涯脂肪細胞数の増加に繋がり、やせ難い体質の犬が増えていることが、近年問題視されています。また、大型犬などにおいて、成長期の肥満が一因となり「股関節形成不全」となることが警告されています。
1歳を過ぎると体重増加(成長)に必要なエネルギーが減っていきます。それなのに、幼犬用の高カロリー食を与え続けたり、ワンちゃんに対して必要量以上の食事や間食を与えたりすることでカロリーオーバーとなり、太らせてしまうことがあります。

ほかにも、食事の時間や量が決まっているにも関わらず、人間の食事のときもついつい食べ物を与えてしまうことも肥満につながる要因のひとつ。おやつや間食にもエネルギーがあることを計算して給与する必要があります。獣医師に相談をすれば、愛犬の必要カロリーを教えてくれるので、まずは食事の管理をしっかりと行いましょう。

また、室内飼いの場合の運動不足も肥満の原因と考えられます。特に小型犬の場合は、運動は不必要と考える飼い主さんもいるようです。けれども、散歩や室内でのおもちゃ遊びなどの運動はワンちゃんの健康維持のためにも必要です。

きちんと運動をして食事で得たカロリーを消費させなければ、ワンちゃんはどんどん肥満傾向になってしまいます。愛犬の健康維持のためにも、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを見直してみましょう。

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント