- Column -

犬ノート

Dog Note

太りすぎも痩せすぎもリスクが高い!?

img02 (8).gif

太りすぎのリスクって?

犬の肥満のリスクとしては、主に以下のようなものがあります。

関節などの負担

体重が重いことから、足腰への負担が大きくなり、関節や靭帯、椎間板を傷めやすくなります。捻挫、関節炎、椎間板ヘルニアなどのリスクが増大し、運動どころか歩行にも支障をきたすようになってしまいます。特に大型犬では肘(ヒジ)や膝(ヒザ)、胴が長い犬種では腰への負担が大きいとされています。

心臓の負担

体重増加により、体の移動ひとつとっても、筋肉へ血液を送り出す心臓への負荷が増えます。血液の送り出しは24時間ずっと必要なことなので、想像以上の負荷と言えます。

呼吸器の負担

太って首周りに脂肪がつくと、気道が圧迫されて呼吸しにくくなります。

糖尿病の発症

過剰な量の食事を続けることで膵臓が疲弊し、血糖値の上昇が抑えられなくなり、糖尿病を発症するリスクが高まります(特にワンちゃんはインスリンの分泌が悪くなるのが原因となるインスリン依存型が多いです)。人と同様に、ワンちゃんにとっても糖尿病は「万病のもと」。治療が困難なのは、人の場合と同様です。

痩せすぎのリスクって?

スクリーンショット 2021-03-25 19.14.32.png

適切な食事をとっているにも関わらず、食欲があって痩せる場合と、食欲がなくて痩せる場合とがあります。食欲がない場合は、歯周病など口腔内の病気、心臓病、腎臓や肝臓の疾患など、慢性的で問題が大きいことが多いので、急いで動物病院へ連れて行きましょう。

食欲があって痩せる場合は、寄生虫、ストレス、甲状腺機能亢進症のほか、糖尿病、癌が原因となっていることがあります。こちらも急いで獣医師の診察を受けましょう。

そのほかに、病気ではなく、栄養失調なワンちゃんも多く見受けられます。ワンちゃんを大きくしたくない、太らせたくないと飼い主さんが考え、食事の量を減らしたりして、必要な栄養分が得られないでいるのです。その結果、免疫力や体力の低下を起こし、病気を誘発しやすくなったり、ケガや病気が治りづらくなります。注意してあげてください。

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント