- Column -

犬ノート

Dog Note

ドッグフードの種類と、年齢別の選び方を紹介

img_01.gif

様々な種類のわんちゃん用フードが市販されていますが、愛犬にどれを選んであげれば良いか分からないという飼い主さんも多いことでしょう。この記事ではドッグフードの種類について、そして愛犬に合ったフードを選ぶためのポイントをご紹介します。

形状は大きく分類して3種類

ペットフードに関して平成21年(2009年)6月1日に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」が施行され、国として初めて管理が明確にされました。環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」によると、形状によるペットフードの分類は以下のようになります。
1. ドライ=水分含有量が10%程度、またはそれ以下のフード。未開封の状態で長期保存できるよう水分量を低くしてあります。
2. セミモイスト、ソフトドライ=水分含有量が10~35%程度のフードで、半生タイプの製品です。セミモイストフードは開封後は袋をしっかり閉じて冷蔵庫で保管し 、使う分だけを冷蔵庫から取り出して与えましょう。
3. ウェット=製品水分75%程度で、品質保持のために加熱殺菌工程を経て、充填されたフード。密閉されているため、開封しなければ長期間保存ができますが、開封後は品質変化が早いため注意が必要です。
(参照:環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」 (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/full_b.pdf

基準が定められている総合栄養食

「総合栄養食」については、ペットフード公正取引協議会により基準が定められています。わんちゃんに実際にフードを与えて栄養成分を確認する「給与試験」やフードの栄養成分を分析する「分析試験」を行うなどして、基準を満たしたフードのみが「総合栄養食」と表示することができます。
なお総合栄養食として認められたフードには、以下のような文章が明記されています。
1d88a769cb83c51e71c4830d4516afd9e5faf93a.png

「総合栄養食」以外には、おやつなどの「間食」や、ドライフードに混ぜたりすることが ができる「副食・おかずタイプ」、特定の栄養成分を補完するための「栄養補完食」、獣医師が食事療法のためにわんちゃんに給与を指示する「療法食」などがあります。

ライフステージ(年齢)に応じたフード

わんちゃんは生後1年程度でほぼ成犬になります。産まれてから1歳までの子犬の時は成長のために多くの栄養素が必要となるため、成犬よりも多くの栄養素を必要とします。
ペットの年齢別フードは、ライフステージに合わせて5段階で表示 されています。そのうち、3つの段階を紹介いたします。

妊娠期/授乳期用フード

母犬が胎児の発育や授乳のために 必要とする栄養基準を満たすように高栄養に設計されたフードです。

子犬(幼犬)期/成長期用フード

生後8週齢前後までは、いわゆる離乳食を与えます。粒状のドライフードをいきなり与えるのではなく、粒をふやかしたり、フレーク状や粉末状のフードをペーストにしたり、またウェットタイプのフードを与えるなど、食べやすく消化吸収のよい状態から徐々に慣らしていくといいでしょう。
生後8週齢前後から1歳まで(大型犬は1歳半まで、超小型犬では10カ月齢くらいまで)は、子犬(幼犬)、成長期またはオールステージなどと表示されたフードを与えます。骨や身体の成長に必要とされるビタミン、ミネラルやアミノ酸などが強化され、たんぱく質や脂質などが十分に摂れるように設計された総合栄養食となっています。

成犬期/維持期フード

1歳以降は成犬用または維持期、メインテナンス などと表示され、様々なタイプのフードが存在しています。
さらに6~8歳以降からは、長生きするわんちゃんの増加で注目されている「高齢犬用フード」、「老齢犬用フード」、「長寿犬用フード」もあります(製品やメーカーによって年齢の分け方や表記の仕方は異なります)。運動量や代謝の低下に合わせて、低脂肪・低カロリーに調整されていたり、身体の各機能の低下や栄養の補完に配慮して成分が調整されていたりするフードです。

まとめ

犬種や個体により差はありますが、わんちゃんは人の約4~7倍のスピードで成長し、 その折々に、必要な栄養は変化します。総合栄養食はライフステージに合わせて作られているので、わんちゃんの健康生活にとって適切な食事を選んであげましょう。

img01.gif

フード選びにはアレルゲンカットの配慮も

わんちゃんの健康に配慮したフード選びは難しいもの。そこで「メディコートアドバンス アレルゲンカット 魚&お米 子いぬ(り乳~1歳)」がおすすめです。たんぱく源を魚とお米に限定し、DHA・EPAを豊富に含む魚やフィッシュオイルを使用し美しい皮膚や毛づやの貢献するのも嬉しいポイントです。「しあわせマルシェ」なら通常サイズでお試しできます。

MCA1-子いぬ2kg_500.jpg


メディコートアドバンス
アレルゲンカット 魚&お米 子いぬ(り乳~1歳)

送料無料で試してみる

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント