教えて猫ノートトップ > 子猫の飼い方 > 外猫を迎える時のノミ、ダニ、寄生虫対策

飼い方のこと飼い方のこと

子猫の飼い方

外猫を迎える時のノミ、ダニ、寄生虫対策

根気よく退治にゃ!

18/19

ノミ駆除用の薬とシャンプーとクシで徹底駆除!

ノミは直射日光の当たらない縁の下や草むらに多く生息しているので、外猫ちゃんには必ずといっていいほどノミがついています。そんな外猫ちゃんを迎える時には、まず獣医さんに連れて行って、ノミやダニを退治するノミ駆除用の薬を出してもらいましょう。この薬は首にたらすと24時間以内にノミを駆除する効果があります。種類によってはノミの卵や幼虫の発育までも阻止するので、猫ちゃんへの害もないので安心して使用できます。注意する点は、猫ちゃんが舐めないようにすること。他の猫ちゃんがいる場合は十分気をつけましょう。

またダニ・ノミ取りシャンプーも併用しましょう。このシャンプーは、ノミを仮死状態にします。数時間動きを止めることができるので、この間にノミ取りクシでブラッシングして仮死状態のノミを取り除きます。シャンプーとブラッシングこそが今いるノミを体の表面から取り除く一番の対策。この時気をつけたいのは、取り除いたノミをゴミ箱にそのまま捨てないこと。ゴミ箱の中で繁殖してしまうことがあります。さらに、取ったノミをつぶすことも禁物。ノミの体内にある卵が飛び散り、増やしてしまうことにもなりかねないからです。

完全に退治するには専用のノミ取りクシで毎日根気よくブラッシングすること。ノミはもちろん、表面に付着している卵まで取ってくれます。キャッチしたらガムテープにくっつけるか、石鹸水を用意してノミが取れたクシを漬けて退治しましょう。とにかく根気よく続けることです。

ノミは寄生虫を媒介する怖い存在!

ノミの体内にサナダムシとよばれる寄生虫が生息している場合があります。猫ちゃんが毛づくろいしている時にこのノミを飲み込んでしまうと、お腹の中でサナダムシを飼うことになってしまい、下痢や嘔吐を引き起こすことにもなりかねません。猫ちゃんのお尻に白い粒のようなものがついていたら、サナダムシがいる証拠。病院で虫下しの治療を受ける必要があるので、外猫ちゃんを受け入れる場合はそのあたりもチェックしましょう。

大量のフケ、顔や耳のふちが脱毛していたらダニがいる!

フケが大量に出ていたら目に見えないツメダニが、顔や耳のふちが脱毛してかさぶたになっていたらヒゼンダニがいる証拠です。ダニがいる場合はダニ駆除剤を使って治療を行います。ダニかなと思ったら、すぐに動物病院で診察を受けることをおすすめします。

文:倉田光子

イラスト:上田惣子

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル

コンテンツメニュー

子猫の飼い方

4コマペットライン劇場

ペットライン

猫ノート

フードコンシェル