- Column -

猫ノート

Cat Note

愛猫を旅行に連れて行ける?お出かけする時の注意点とは

公開日:

家族で帰省や旅行をする際に、愛猫も連れて行きたいと考える飼い主さんもいるでしょう。猫ちゃんは「家につく」と言われていますが、猫ちゃんもお出かけできるのでしょうか。連れて行く場合の準備や注意点についてまとめました。

画像1.gif

1~2日の旅行なら留守番でもOK!

飼い猫は、住み慣れた家を離れたがらないことがあります。特にお出かけしたことのない猫ちゃんは、慣れない場所で不安を感じることもあるので、1~2日程度の旅行なら、一緒に連れて行くより留守番をさせるほうが良い場合もあります。 留守番をさせるなら、十分なドライフードとお水、予備のトイレを用意しておきましょう。また長期の場合は、友人やペットシッターに頼み、自宅で世話をしてもらうのも良いでしょう。

愛猫は外出できる?まずはチェック!

外出ができるかどうかは、個体差があります。旅行に出かける前に愛猫をキャリーバッグに入れて外出してみて、長時間のお出かけが可能かどうかを確認しましょう。
キャリーバッグ=怖いところ(動物病院など)と思っている猫ちゃんもいます。キャリーバッグに入ることを子猫のうちから慣らしておくと、外出の負担を減らすことができます 。

お出かけする時の注意点は?

愛猫が外出に慣れていない場合

キャリーバッグに入れるのはもちろん、念のためハーネスやリードを着ける、キャリーバッグの前にインナーキャリーや洗濯ネットに入れるなど、猫ちゃんが逃げないよう万全の対策を講じてください。また、迷子札も必須です。
お出かけしたことのない猫ちゃんの場合、素直にキャリーバッグに入るとは限りません。嫌な経験があるとキャリーバッグを見ただけで逃げてしまうこともありえます。スムーズに外出するために、普段からリードやキャリーバッグに慣れさせておくと良いでしょう。
お出かけが負担に感じる猫ちゃんの場合、キャリーバッグに入れただけで粗相してしまうこともあるようです。準備の際に、キャリーバッグの中にペットシートや新聞紙を敷いておくのも一案です。また、愛猫の匂いのついたタオルなどを入れて、少しでも安心させてあげましょう。

車でお出かけする前の準備

愛猫を連れて車で外出することが決まったら、数日前から愛猫の体調を観察しておきましょう。また、キャリーバッグの中で食事を摂らせるなどして慣らしておきます。
車に乗る前は基本的に食事を抜いておいた方が無難です 。 またキャリーバッグの中に空間があると神経質になる猫ちゃんもいます。もし愛猫がキャリーバッグの隅っこで丸く固まってしまうようであれば、バスタオルなどを入れて空間を埋めるようにしてあげましょう。
そして、猫ちゃんを乗せた時に限った事ではありませんが急発進・急カーブ・急ブレーキは禁物です。いつも以上に安全運転を心がけてください。
以下は、お出かけの際に必要な持ち物の一例です。

画像3.gif

愛しい猫ちゃんには美味しさと健康維持の両立を

家族の一員である猫ちゃんとは長く一緒に暮らしたいもの。そこでおすすめなのが「メディファスアドバンス グレインフリー 1歳から フィッシュ味」です。 グレインフリー(穀類不使用)設計で、両立が難しいとされる「下部尿路の健康維持」にも配慮し、猫ちゃんの毎日の健康をサポートします。「しあわせマルシェ」なら通常サイズでお試しできます。
※この商品は猫ちゃんの健康維持を目的とした総合栄養食です。治療を目的とした療法食ではございません。

画像4.png

メディファスアドバンス グレインフリー 1歳から フィッシュ味

送料無料で試してみる

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント