- Column -

犬ノート

Dog Note

なぜ、年齢に応じたフードが必要なの?

ワンちゃんは雑食動物で、炭水化物、たんぱく質、脂肪の三大栄養素のほかに、ビタミンやミネラルを食事から取り入れなければ健康に生きることができません。人が年齢によって必要なカロリーや栄養バランスが変わるように、ワンちゃんが必要とするカロリーや栄養も成長によって変わってきます。
犬種や大きさにもよりますが、ワンちゃんのライフステージ(成長段階)は、成長期(幼犬、0~12ヵ月)、若齢期(成犬、1歳以降5歳~7歳)、高齢期(7歳以上)に大きく分けられます。
成長期は体の各部分が発達する時期であり、高栄養の行き届いた食事が求められます。維持期には、安定した生活を送るために、一定のカロリーと必須栄養素が含まれた食事。高齢期にはワンちゃんの活動量が減るのに合わせて、カロリーを抑えながらも食欲を満たすボリュームのある低カロリー食を与えるのが一般的です。
犬種や個体により、差はありますが、ワンちゃんは人の約7倍のスピードで成長します。その折々に、新しく突入するライフステージに合わせた食事内容に切り替えてあげるのが、ワンちゃんの健康な生活には大切なのです。総合栄養食と表示されたフードは、こうした条件に合わせて作られています。上手に利用して育てましょう。

あわせて読みたい記事

SNS公式アカウント