教えて犬ノートトップ > 犬の避妊と去勢 > 避妊・去勢のメリット

犬の避妊と去勢犬の避妊と去勢

犬の避妊と去勢

〜避妊・去勢のメリット〜

犬の避妊と去勢

3/5

避妊手術することで、ワンちゃんが得られる主な”メリット”として、以下があげられます。

1:望まない出産が避けられる

現実的な話として、引き取り手がいない子犬は、どうなってしまうのでしょうか。それを考えると、飼い主さんが想定していない出産は避けるほうがいいでしょう。特に出入り自由な環境で飼っているワンちゃんには、避妊手術は必要なことでしょう。

2:“問題行動”が減少する

オス、メスを問わず、性ホルモンが原因で起きる問題行動が減少します。
メスは発情によってそわそわします。それがなくなり、精神的に安定すると言われています。メスの発情をキャッチしたオスは、さらに激しく、悩ましく遠吠えを繰り返したり、脱走してメスのもとに行こうとしたり、ライバルとなる他のオスとけんかすることもあります。必死に子孫を残そうとしているのですが、不妊手術によって性ホルモンの分泌がなくなるので、こうした問題行動が緩和・減少します。

3:病気を未然に防げる

不妊手術によって防げるとされる主な病気を紹介します。

乳腺腫瘍【メス】
メスの500頭に1頭の割合で発病するとされる、乳腺にできる腫瘍。発病する半分は悪性で、その半分は、いわゆるガンです。発症には性ホルモンの関わりが重要視されています。初期発情前に避妊手術した場合の発生率が0.05%と極端に低く、1回発情後は6〜8%、2回以降は25%くらいの発生率といわれます。発情がおこる回数が多いほど発生率が上がるため、早めの避妊手術を勧める理由としてよく聞きます。
子宮蓄膿症【メス】
出産経験のない高齢のメスに見られる疾患です。進入した細菌が子宮内で増殖し、膿がたまります。これが子宮蓄膿症です。通常、膣粘膜は酸性に傾いているため細菌は進入できませんが、発情期になると卵巣からホルモンが分泌され、細菌感染による防御力が弱まって進入を許します。避妊手術を行うことで、この病気の発症を予防できるとされます。
精巣腫瘍【オス】
精巣にできる腫瘍。放っておくと大きくなっていくので、早いうちに摘出します。高齢になってからではリスクが高く生命の危険と重なってきます。若い頃に去勢手術をしておくことで、発症を防ぐことができます。
前立腺肥大【オス】
前立腺が肥大して、進行することで組織内にすき間ができ、そこに体液や血液が溜まってしまう症状。去勢していないオスが6〜7歳以降になると発症しやすい。

ワンちゃんとのより良い暮らしのために、こういったメリットを選ぶかどうか。それは個々の飼い主さんの決断です。逆に、避妊・去勢手術によって起こりうるワンちゃんのデメリットを次ページで紹介します。合わせてお読みいただいたうえで、他の飼い主さんや獣医さんの意見など、多くの情報を基にして、不妊手術を受けさせるかお考えください。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル